せんだい文学塾、今月の講座(伊東潤先生)

直前になってしまいましたが、お知らせ。
今年度も、「せんだい文学塾」は元気に開講いたしますよ~~^^

以下、転載です。


『4月23日(土)16時開場、16時30分~18時30分開講

会場:仙台文学館(仙台市青葉区北根2丁目7-1)http://www.sendai-lit.jp/

テーマ:「歴史小説の物語の作り方」

定員:90名

受講料:一般2000円、学生1000円、高校生以下無料

お申し込み/お問い合わせ:せんだい文学塾運営委員会 sendaibungakujuku@gmail.com お電話は080-6013-5008



講師:伊東潤(山田風太郎賞作家)

◆伊東潤(いとう・じゅん)氏

 1960年横浜市出身。早稲田大学卒。外資系IT企業に長年勤務したのち、2003年『戦国関東血風録』でデビューし、作家に転身。
 2012年には『国を蹴った男』で第148回直木三十五賞候補となり、第34回吉川英治文学新人賞受賞。2013年には『巨鯨の海』で第149回直木三十五賞候補、第4回山田風太郎賞受賞。2014年には『王になろうとした男』で第150回直木三十五賞候補となり、『峠越え』で第20回中山義秀文学賞を受賞した。
 歴史小説や、歴史を題材にしたビジネス書を中心に執筆。
 緻密な歴史考証に基づいた骨太の作品により、新時代の旗手として熱い注目を浴びる作家である。』


とのことです!奮ってご参加ください。
わたしはいつも受付のあたりに座っていて「チアーヌさん」と呼ばれていることが多いです。(運営委員をしています)
チアーヌと呼ばれてはいますが全くの日本人です(いちおう

ところで今回の伊東先生ですが
「外資系勤務」「コンサルタント」「IT」と華やかな社会人生活をされてきたようなイメージ^^
うーん、この感じどっかで見たよなあと思ったのですが、先日わたしが書いた甘エロ小説のヒーロー設定が似ていたんでした。。。
ううむ、ドキドキしますね。そのあたりのお話もじっくり伺いたいなと思ってしまいました(どういう?)。

会長さんのブログにも
「外資系IT企業への勤務や、コンサルタントの経験を活かし、プレゼンの名人としても知られる伊東先生。ツイッターでも、講座の告知をしてくださっています。ありがとうございます。」
と、あります^^楽しみですね^^

ツイッターもなさってるんですね~、チェックしてみよう!

そんなわけでみなさん、ぜひ参加してくださいね~
お申し込みは、上記の受付先でもよいですし、わたしにくださっても大丈夫です。
どうぞよろしくお願いします。



スポンサーサイト
04/20のツイートまとめ | Home | 04/19のツイートまとめ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する