「ゴースト・イン・ザ・シェル」見てきました

昨夜、家で晩ご飯を食べてからふと思い立ち、
レイトショーで「ゴースト・イン・ザ・シェル」見てきました。

言わずと知れた攻殻機動隊
ハリウッド! 実写版! 
というわけなんですけど、実はそんなに期待してませんでした。
だって、原作めちゃめちゃいいから……
アニメも良かったから……
こういう場合、実写いまいちってよくある話と言いますか、わたしがそういう感想になっちゃうことが多かったんで。

ですけど……
感想。めちゃくちゃ良かったです。

↓ちょっとネタバレあるかもだから未見の人は気を付けて読んで

なんていうかな、ストーリーはそんなに……。全体にわかりやすくまとめたな、って感じがして、
本当はもっと大きい話のはずなのに矮小化されちゃったかなーって思ったけど、
まぁ、でも面白いんだけどさ……。バトーもカッコよかったし……。うん、あれだけ見るなら悪くない話なんです。
日本人のはずがサイボーグになる過程で白人に!「あなたは美しい」って何が言いたいんだよ全く!そりゃスカーレットヨハンソンはきれいに決まってるじゃんか!みたいなツッコミどころはあるんですけど、そのへんは気にしなきゃ無問題
やたらと外見をアニメに近づけようとしてるところもまぁ、無問題

(まぁでも細かいこと言うとたけしの髪型、へん。普通でいいのに。あとトクサがおじさんすぎ。たぶん短くまとめるためか、登場人物はかなり絞ってる印象。映画にしか登場していないと思われる女性博士が重要な役どころで出てきますがあの人いないと話がまとまらなかったと思われる。でもなぁ、、、どう考えてもマッドサイエンティストなことをしてきているはずであんな感傷的な人でよくあそこまで勤まったなぁと不思議な感じしたけど、キャラ設定にちょっと無理ないか?素子は成功例だから特別なのか?他の2000人はどうした、的な。バト―はひたすらカッコよく、痺れまくった。ある意味女の理想形を表現しているかもね。公安9課にはもっと人がいたはずだけどあとはほぼ背景。スカーレットヨハンソンは、さっきひと文句は垂れたけどwわたしはハマってて良かったと思います。アジア人を使わなかったことにブーイングがあったそうですが、そこは別に気にならなかったかな。クゼ。。。うん、あまり多くは語るまい。公開中なのでネタバレしません)

まぁそんなわけで、ストーリーに関してはハリウッド的な、まぁ映画っていうのは原作を読んだことがない人でもちゃんとわかるように撮るものだと思うので、それだけ見ちゃうと「うん、面白かった~!」的な感想で終わっちゃった気もしないでもないんですが、、、、

すごいのは、そんなとこじゃない……!!

映像です。実写映像の力がすごいです。背景というか風景というか、
そうなんだよ!実写でこーゆー風景が見たかったんだよ!(CGですよもちろん)って何度も膝をポンポン叩きたくなるよーな素晴らしさ、
めちゃめちゃ感動しました。
すごいほんとすごい
背中ざわざわしました

これはもう見て貰わないとわかんないと思う。
あの風景見たさにたぶんDVD買う。
BGMとして(風景の)流しっぱなしにしておきたいくらい、いい。
感動しました。

ほんとすごかったー
あの映像は絶対また見たい

そんな感じでした。。。



スポンサーサイト
04/20のツイートまとめ | Home | 04/19のツイートまとめ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する