なんか最近

あれっ、、、わたし今日何してたんだろう?ってことないですか
最近ヤバいですなんか頭のあちこちがとっちらかっている気がします
いえ、冷静に考えたら今日はレッスンしてたし、今週はレッスンもそうだけど子どもの学校で意識高い系の話を聞いてきたりとか(意識が高すぎてついていけませんでしたw)なんかこう、ああ、バタバタしてたなあとふと思うのですが
そんんで明日もイベントだし(遊びだけど
なんか、家事が追いつかなくてバタバタしてるし
……まぁ、しまいにはとっちらかってきますよね

学校の受験講話なんか聞かなくていいって息子Aは言う
確かに行くと、あまり関係ない話が多いんだよね、うちはもう国立受けないことにしたんで、
長々と聞かされる「この大学は今こーであーで国のなんとかがこーであーで」みたいな話は聞いても仕方ないっちゃないんだけど
仲良くしてもらってるママ友さんたちがいるので、ほぼ遊びに行ってるような気がします
わたしはそもそも普通の大学を受験したことがないし推薦だったのでセンターとかも受けてないし
もうさっぱりわかんないので子供の勝手にまかせています
先生との面談もあって、先生が言うには「箸にも棒にも掛からぬほどではないが、危ない」とのことなので、
わたしはてっきりもっとヒドイと思ってたので、「ふーん」って思いました
まぁ、わたしが受けるんじゃないからなー

息子Bは最近自分のバンドのことしか考えていないようで、そっちはそっちで楽しくやってくれたらいいなという感じ

でもなんでこんなに忙しいのかなとふと思っていたのですが、よく考えたら学校が夏休みに入る前って行事が多いんですよねー
落ち着かない感じはそのせいかもしれない

小説は断片だけ書いてまとまらずー
プロットが、、、、プロット書かなきゃ

今月の前半は準備期間だったんだと思おう。TL小説の新作が出る予定なので、よろしくです!「揺れるキモチ寂しいカラダ」っていうの。17日だったかなー

最近聞いてるバンド↓

LUCKY TAPES 「22」
すごくいいー。なんか、ラグジュアリー感のあるサウンドにヘロヘロ系ボーカルというすごく好きな組み合わせ。
おまけに、PVの舞台が台北なのー
あー、台北に行きたいなー
なんだろうこの恋しい感じは、、、、


DAOKOの水星。なんか最近ヘビロテ、、、、


相対性理論のケルベロス。PVが可愛すぎて切ないw

息子Aが目の前でえんえん聞いてくれたのですっかり覚えてしまったじゃないかw
たぶん今ならラブリーサマーちゃんも歌えるw

なんとなくサイダーガールw夏だから^^


やばいそろそろ寝なくちゃー



最初にハマったポップス

なんかツイッター徘徊してたら、すごいの見つけちゃった。



超、超、超懐かしい。
飯島真理のRosé
めちゃめちゃトシがバレそうだけど、これ、持ってた!CDじゃない、LPレコードで。今も実家にはあるんじゃないかなぁ~~
子どもの頃からクラシックにしか興味が無かったわたしが、いきなりポップスに目覚めたきっかけになったアルバムです。

これ、クラシックになんで興味がを持ったかというと、今思うとうちは母が民謡歌手で家で三味線と歌を教えているという邦楽家庭だったため、手伝いで太鼓を叩かされたりなど(お前はセンスがいいとおだてられ、イベントにも駆り出されていたw)まーでもある意味そういったことに飽き飽きしていた部分もあり(今思えばこっちのほうが希少価値なんですけれども)
子どもの頃はヴァイオリンを習っていた母が「この子にはピアノをやらせたい!ピアノが基本だ!」とピアノ教室に放り込んでくれたことも手伝って、クラシック一辺倒の子供に育っていたわけです。
そんなわたしが……
お小遣いで初めて買ったポップスがこれだ!

このアルバム、全曲アレンジ&プロデュースが坂本教授なんです。
飯島真理さんは、このころマクロスの声優さんで、いまのアイドル声優さんたちの元祖。
や、でも自分を褒めるわけじゃないけど、わたし、けっこういいのにハマってたんだな~~~
1曲目のBlueberry Jamだけでも聞いてもらえると質の高さがわかってもらえるかも~~~~

わたしはポップスに関してカルガモのヒナ状態だったので、これが基本になったと思います。
で、この時、飯島真理さんは音大の学生だったんですけれども、このときに初めて、
「あ、音大っていうところに行くっていうのも、アリなんだなー」と
子ども心に思った記憶がある。坂本教授は何しろ芸大なので、なんとなくだけど、「そんな難しそうなところには自分は行けないんじゃないか。だって坂本教授はエラソーだもん」って思ってたよーな(YMOは好きでしたが、だから芸大に入ろうとは思わなかったな)
なんか、このとき初めてそう思った気がするんですよね。今思うとなんでだろ?
で、そう思ったわたしが、母親になんとなくそんなことを言ったら、「だったら〇高の音楽科行けば?」と。
田舎って選択肢が少ないんです。今思い返しても、音大に行こうと思ったらあの高校に入ったのは超正解だった~~
他の学校にいってたら、ちょっと面倒だったかも。その面倒を、自分が頑張り切れていたか自信ない。案外、普通の大学に進学してたかもしれないな~

……人生ってなんかテキトーでいいかげんなことでふわふわと流れていくんだなと今思いました。
なんとなく……なんとなく……なんとなく……の連続って気がする

きっとそういうものねー。

水の蘇州の

今日は一日家に引きこもっていたけど、せっかくの梅雨の晴れ間ということで、
朝から水回りとかお風呂とかトイレとか階段とか、あちこち掃除しまくって、
マット類も全部洗濯たので、けっこうスッキリです。
午後は練習もできたし。
調子はいまいちだけど。

来週にお友達のところで演奏することになっていて、これまで全然やってなかったのでやばいー
小さい場所なので暗譜までしなくていいかもだけど(歌詞がヤバいので暗譜だとツライかも、、、

お友達が伴奏してくれるのですが、
今回は蘇州夜曲と、プッチーニの「私のお父さん」で、どっちもお友達のリクエスト。みんな知ってる曲のほうがなんとなくいいので~~みたいなよくある感じ。あと、すでに伴奏が弾けるからそれにして欲しいなーという、ピアニストあるあるw
今回はでも、この蘇州夜曲の伴奏の編曲がすごく良くて、すごい綺麗な伴奏でした。

これは原曲のバージョンだけど載せてみるね↓



西城八十の詩がロマンチックでいろいろヤバいです^^
平凡な言い回しですが、本当に、美しく儚い恋の情緒……ですね

それにしてもがさつなわたしには似合わないことこの上ない気がしますw
まーでもリクエストだからいいや(開き直り

「水の蘇州の」っていいですよね
言葉だけだとそこが一番好きだな
ふわーっと浮かぶものがあるから

これから草むしりしよーっと
日も落ちたし



放課後

今日は、午後から天気が崩れて、寒くなりました。
まだまだ不安定ですね。というより、これから梅雨なのか……

子供たちの学校に行ってきました。高校まで同じってことはあまりないと思うのだけど(わたしも、わたしと妹は高校が別)うちは一緒なので、こういうとき、小中学校みたいに「どっちの会に出たらいいんだ?」ってことになります。年も2歳しか違わないのでどうしてもこうなる。
まぁでも、一気に済んで楽と言えば楽ですけれども。

終わったらけっこう夕方になってて、疲れて、帰りは本屋さんに寄ったり、ちょっとブラブラしてかえりました。
本屋さん楽しかった。
学校帰りに本屋さんって、なんだか昔みたい。

ところで放課後ってみなさん何してました?
ネットもスマホも無かったころ、わたしの楽しみは図書館と本屋さんに行くことでした。あとは、自転車でよく遠回りして帰ったな。
それと、思い出すのはバスかな。知らないバスに乗るのは、ちょっとした冒険でした。今思うと、大して遠くに行っていないのにね。
世界がとても狭かった。山形は盆地なので、すべて山で止まってしまうし。

明日はさらにお天気が崩れそうなんだけど、わたしは実家の方へ。
山の空気を吸いに行くつもりだったから、晴れて欲しかったんだけどなー。

突然、音楽の話
わたしの放課後のイメージ^^
これ好きなんだよなー
元benzoの平泉光司さん 変わらず華奢な痩せっぷり(痩せっぷりのいい人、タイプなのだよな)、、、お姿もギターも声も素敵でいらっしゃる 
放課後 / COUCH


mueさんとのライブもすっごく素敵
印象に超残ってる


なんだろー、今日なんかいろいろ思い出してばかりいるな……
でも、浸っていたいときってあるよね。

ブログは好き勝手にひとりごと言えるからいいな

そんなわけでおやすみなさい^^





好きな歌

今日は庭掃除→レッスン→草むしり
な一日でした
家の敷地からは一歩も出てません

これからごはん作らなきゃ。
明日のお弁当の準備も。

関係ないけどこの曲大好き



カラオケでたまに歌うんだけど、詞があれだから子供の前で歌ったことなかったのよね
でも先日つい入れちゃって、仕方ないからガンガン歌ってたんですが、
息子たちは普通に「いい感じじゃん」と聞いてましたw
よかったよかった