(掌編小説)沼の主

  沼の主                
                   乃村寧音(チアーヌ)

  水面に、静かに輪が広がり、女が浮かび上がってきた。
 そしてその女は、青緑色の沼の表面に浮かび、まるで肘をつくかのような格好でこちらを見た。

 時刻は、薄ぼんやりとした昼間で、のんびりと釣り糸を垂らしていた俺は、少々驚きはしたものの、なぜか取り立てて恐怖は感じなかった。
「釣れるかしら?」
女が話しかけてきた。
「ねえ、釣れてる?」
 女の肌の色は、まるで水に透けるくらいに青白く、長く垂らした髪の毛は、一見黒に見えるのだけれど、よく見ると濃い緑色をしていた。
 女が、尋常なこの世のものではないことは、俺だってすぐに気がついたけれど、薄明るい、平和で静かな沼のほとりにいると、俺は女がおかしいことなど、あまり気にならなかった。
「見ればわかるだろ」
 俺は仕方なく、ぶっきらぼうにそう答えた。
 朝からずっと、俺は釣り糸を垂らしているが、魚は一匹も釣れていなかった。
「うふふ。そうみたいね」
女はそう言いながらゆっくりと水面を泳ぎ始めた。
 女は、薄衣のようなものを纏ってはいたが、それは透けていて、ほぼ全裸に近い姿だった。
 均整のとれた体つきに、形よく張りのある乳房、くびれた腰。滑らかな白い肌に細くしまった足首。俺は、ついつい女の体を見つめてしまった。
(足は、あるんだな)
俺は女を眺めながら、どうだっていいことを思った。
(人魚でもないんだ。鱗もついていないようだし)
「人魚なんかじゃないわよ」
まるで俺の気持ちを見透かしたかのように、女が笑いながら言った。
「ほら、足だってあるわよ。こーんなに、立派な足が」
ちゃぷん。
 女はくるりと仰向けになり、まるでシンクロナイズドスイミングでもしてみせるように、片足を水面に高く上げてみせた。そしておどけるように足首を回した。
 俺は完璧にからかわれているようだ。
「でも君は、人間じゃないだろう?」
俺は思い切って尋ねてみた。
 女は首をかしげた。
「そうね。あなたの基準で考えたら、たぶん人間じゃないわね。でも人魚じゃないわよ。幽霊でもないわ」
「じゃあ何だ?」
「そうねえ」
女はじゃぶん、と音を立てて水の中に潜り込み、中で一回転すると、また浮かび上がってきた。
「昔風に言うと、この沼の主、ってところかしら」
「なるほど」
俺は妙に納得した。
「嫌だ。納得しないでよ。なんか、主なんて、そういう言われ方好きじゃないのよね」
「でも、実際、そうなんだろう?」
「あなたが理解しやすいように、昔風にわかりやすく言ってあげただけよ。本当は、そうねえ、沼の精ね。わたしはこの沼の水から生まれた、水の精なの」
「水の精」
そう言われれば、そんな気もした。
「ところで」
女は水面に肘をついたまま言った。
「盲亀の浮木優曇華の花、ここで会ったが百年目、ね。さて、遊びましょうよ」
「百年目?どういうことだ?」
「うふふ。何まじめに取ってるの?そういう気分って事よ。ねえ、遊びましょうよ。どうせ魚なんか釣れないわよ。それに釣ってどうするのよ。キャッチ・アンド・リリースでもするの?くっだらない。そんなこと、おやめなさい。魚たちだっていい迷惑だわ。それよりも」
「それよりも、なんだよ」
女はほんのりと赤い唇の端を上げながら、すうっと水の中へと消え、そしてその次の瞬間に、水辺に椅子を置いて腰掛けていた俺の足に、白い指が絡み付いた。
「うわぁっ」
俺は思わず叫んだ。それはまるで、ブルドーザーにでも巻き込まれたように感じるくらいの、強大な力だった。
 叫び声も虚しく、俺はあっというまに沼の中へと引きずり込まれて行った。

「何、焦ってるのよ」
水の中で、女が笑いながら言う。ゆらゆらと深緑色の髪が揺れている。
「びっくりしないでよ。ほら、大丈夫でしょ」
そういわれて、俺はふと気がついた。俺はしっちゃかめっちゃか手足を動かして、慌てて水面に這い上がろうとばかりしていたけれど、よく考えたら全然苦しくなんかない。
「不思議だな。どうして平気なんだろう?」
「それはね、わたしと一緒だからよ」
女はそう言うと、俺の手を握った。その手は、思いのほか、温かかった。
「さあ、いらっしゃい」
「どこへ?」
「いいから黙ってついて来なさいよ」
女は諭すように言うと、俺の手をしっかりと握ったまま、泳ぎだした。
 水の中で、女は自由自在に動いているのだった。
 水の精なのだから、当然なのかもしれないが。

 俺と女は、奥へ奥へと進んで行った。
 深い深い沼の底へと。
 そして、沼の底は暗いものだと、俺は勝手に思っていたのだけれど、そんなことはなく、辺りはただいつまでも薄ぼんやりと明るいのだった。
「さあ、ついたわ」
女はそう言うと、沼の底にすうっと足を着いた。
 俺も同じように、沼の底に立った。
 ぬる、とした妙に温かい沼底の泥の感触が、俺の足の裏を包んだ。

 俺の目の前には、一軒の家があった。
 赤い瓦屋根に、白い壁。玄関前のポーチはクリーム色のタイル。見たこともないような花が玄関脇に植えられ、風、じゃない、水流に揺れている。見たことはないが、きれいな花だ。が、しかし沼の底に花など咲くのか。造花かもしれない。そう思って見ると、その花々はまるで安い造花のように色鮮やかだった。そして、白い格子のついた可愛らしい出窓には、アーチスタイルのレースのカーテン、そしてやはり花の鉢植え。
(おもちゃのようだな。まるで、リカちゃんハウスかなんかみたいだ)
俺はぼんやりとそう思った。
「さあ、ここよ」
女が得意気に言った。
「何なんだ、ここは」
「わたしのうちよ。素敵でしょ」
「なんだかちょっとメルヘンチックだな」
俺がそういうと、女はちょっと膨れっ面をしてみせた。
「やっぱりね。そういうと思ったわ。でも、まぁいいわ。入って」

 中に入ると、女は無言のまま、廊下の奥へ奥へと進んで行った。
 外から見た時は、そんなに奥行きのある家に見えなかったのに、どこまで行っても、廊下は終わらず、先ははっきりとは見えないのだった。
 そしてしばらく行くと、女はようやく立ち止まり、正面のドアを開けた。

 女について中に入って行くと、そこには大きなベッドがあった。
 部屋の中は安っぽい装飾で満たされ、どこからともなくローションの香りがしてくるのだった。
「早く、いらっしゃい」
女はさっさとそこへ横になると、俺を呼んだ。
 そうして、何のためらいも無く、申し訳程度に纏っていた薄衣を脱いでしまった。
 青白い体は、薄ぼんやりとした蛍光灯のような明かりのなかで、ますます白く見えた。
 何度も洗った後のような、白くて清潔なシーツの上に、ふたりで横たわると、布団がとてもふわふわと柔らかいのがわかった。
「気持ちいいわね」
そう言いながら、女の腕が俺に巻き付いてきた。
 一瞬、海の中で海藻が、ぐるぐると巻き付いて来るような感触がしたけれど、それはそれでいいと思った。巻き取られ、優しく締め付けられるような。
「そうだな」
俺も同意した。
 女は俺の頭を優しくなでながら、まるで子供に言うように、
「いい子ね」
と言った。
 そして、ベッドの上に半身を起こし、ゆっくりと両足を大きく左右に広げ始めた。
 俺も半身を起こし、女を見た。
 女は薄く笑いながら言った。
「さあ、お待ちかね。面白いものを見せてあげるわ。ねえ、見たいでしょ」
俺は黙ったまま女を見ていた。

 女が両足を大きく開くと、そこには真っ赤な空洞があった。入り口は血の色で赤く、奥へ行けば行くほど真っ黒になって行くようだった。
「ねえ、覗いてみて」
女にそう言われ、俺はそこへ顔を近づけた。
 こんなおかしなものを見たのは、初めてだった。
 ぐにょぐにょ、ぐにゃぐにゃとした肉の内部は粘膜で覆われているけれど、その奥がどこまで深いのか、俺には見当もつかなかった。
「そんなんじゃ、よく見えないでしょ。もっと奥まで見るのよ、さあ」
女がそう言いながら、俺の頭をぐいっと押さえ、女の足の間にあった真っ赤な空洞へ、俺の顔を押し付けた。
 その力は、さっき水の中に引きずり込まれた時と同じように、強大な力だった。
 まるで巨大なクレーンの先に取り付けられた鉄骨のように、俺は、女の空洞へとセットされてしまった。
 そして、真っ赤な空洞が、ぴたりと張り付くように、俺の顔に吸い付いてきた。そうしてそれは、俺の顔面を覆い尽くし、俺の顔についているすべての穴を塞ぐように浸食して来た。

しかしそれは、とてもやわらかで、優しい感触だった。
「もっとよ、もっと奥まできて」
女は言い、俺の頭をがっしりと両手で掴み、ぐい、と真っ赤な穴の中に、俺の頭をすっぽりと納めてしまった。
「ああ」
俺はつぶやいた。
 首から上が、女の中に入り込み、俺の頭と顔は、ぴったりと生暖かいものに包まれた。

 全く身動きが取れないまま、俺の体から力が抜け、俺は次第にぼんやりとしていった。
 すると、俺の足首を誰かが掴み、ぐいぐいと、空洞の奥へ奥へと、俺を丸ごと入れてしまった。
 俺は全身を、まるで高圧のクッションのようなもので包まれたように感じた。
けれど、絶えず、ぐにゃぐにゃした感触が体中を撫で回してくる。 
 俺はすごく気持ちよかった。
 俺は、その中で、体勢を整えるように、静かに丸くなった。

 

                                          おしまい



ブログ版あとがき

ぼんやりとした「何か」のイメージがあって、それは赤くぱっくりと割れたヴァギナの情景だったりするわかですが、
あ、なんかそういうのが書きたいなーと思ってつらつら書いた掌編です。
でも自分のってなんか怖くて見れない☆
スポンサーサイト